ハッピー > 会費制結婚式なら【会費婚】

会費制結婚式なら【会費婚】

━◇◆ 会費制結婚式や1.5次会なら【会費婚】 ◇◆━

★新しい結婚式の形として注目されている、会費制結婚式【会費婚】



※【会費婚】とは・・・
カジュアルなパーティーを主として
新郎新婦の自己資金を明確にした会費制結婚式の形です。
昔から親しまれているご祝儀制結婚式では、新郎新婦は予め結婚式費用を
全額支払わなくてはならず大変な出費となるケースが大半でした。
しかし会費婚では、新郎新婦の支出を大幅に抑え
残りの費用はゲストからの会費で支払う事ができます。
そのため結婚式の費用が少ないというカップルでも、
気軽に挙式する事が可能です。
その上ゲストが支払う会費も、ご祝儀よりも大幅に安い事が多くなっています。
これにより、ゲストの出費も抑えられるのが特徴です。

◆【会費婚】で結婚式を挙げるメリットは・・・
1.ゲストの金銭的負担を軽くできる!
披露宴のご祝儀相場は3万円といわれますが、
会費制ウエディングの相場は2万円以下が一般的。
そのため、ご祝儀制と比較してゲストの金銭的な負担が軽く、
新郎新婦側も友人や職場の人を結婚式に招待しやすくなります。

2.ふたりの自己負担額が事前にわかる
ご祝儀制の場合、ゲストから頂く"ご祝儀の総額"は
式当日の披露宴が終わるまでわかりません。
一方の会費制ウエディングならゲストからいただく金額が一律のため、
「会費×人数」で会費の総額を計算すれば、結婚式の自己負担額
(ふたりの貯金や親の援助額+結婚式の会費-結婚式にかかるお金)が
事前にわかります。結果、結婚式にかかる総額をあらかじめ決めやすくなります。

3.引出物や席次が不要で準備が楽々
ご祝儀制の場合、結婚式の引出物や引菓子といったお返しが必要なため、
その分準備に時間がかかります。
一方会費制の披露宴の場合は引出物は用意しないのが一般的。
また会費制なら会費やゲストの顔ぶれによっては立食の場合もあり、
着席に必要な席札や席次表といったペーパーアイテムを用意する必要もなく、
ご祝儀制よりも準備負担を大幅に軽くできます。

■【会費婚】のデメリットは?
1.立食スタイルは親族や目上の人には馴染みのないパーティー
会費制の場合、ご祝儀制と比べてゲストの金銭的負担が少ないという
メリットの一方で、ゲストにとっては「会費にプラスして
何かプレゼントをしたほうがよいのでは」と迷わせてしまうこともあるよう。
会費制ウエディングへの参列が初めてのゲストがいる場合は、
事前に会費以外は必要ないことを伝えておきましょう。
こういった、ご祝儀制とは少し違ったゲストへの心遣いが必要に。

2.会費以外に結婚祝いについて迷うゲストも・・・
ご祝儀制の場合、ゲストから頂く"ご祝儀の総額"は
式当日の披露宴が終わるまでわかりません。
一方の会費制ウエディングならゲストからいただく金額が一律のため、
「会費×人数」で会費の総額を計算すれば、結婚式の自己負担額
(ふたりの貯金や親の援助額+結婚式の会費-結婚式にかかるお金)が
事前にわかります。結果、結婚式にかかる総額をあらかじめ決めやすくなります。

3.会費額によってはご祝儀制の披露宴よりも費用が高くなる場合も
ご祝儀制と比べて引出物やテーブル装花などの
費用を抑えやすいのが会費制ウエディングの特長ですが、
設定する会費の額によっては自己負担額がご祝儀制より高くなる場合も。
「ここまでは負担できる」という結婚式費用の上限を決めた上で、
会費の金額を決めるようにしましょう。



★デメリットは、工夫次第で埋める事が可能です。
どうしてもご祝儀をもらいたい!というケース以外では、
会費設定や予算、持ち込み等をしっかりと計画しておけば
ある程度までのおもてなしを提供出来ます。
会費婚は今まである程度決まっていた結婚式の形を変え、
新郎新婦が好きな様に作っていく結婚式の形となっています。
メリットは、出費が抑えられるという点だけではありません。
新郎新婦の希望を極力叶えられる様な、自由さがあると言えます。
現代においては、「自分たちらしい」結婚式を挙げたいと願う新郎新婦が増えています。
そんな新郎新婦こそ、会費婚のメリットを活かして
最高の結婚式を挙げましょう!!

ホテルやゲストハウスなどの一流会場をお得な条件で、
今までにはなかった新しいスタイルの 結婚式が実現できます!!

▼【会費婚】の公式サイトはコチラから


関連記事

管理者にだけ表示を許可する

▲ Toppage